レンタカーとカーリースの違いはコレ! 特徴を知っておトクに使おう

レンタカーとカーリースの違い
レンタカーとカーリースは何が違うの?
借りるのは一緒じゃないの?
とっちがトクなの?
違いを詳しく知りたい!
注意することを教えて!

「レンタカーとカーリースは何が違うの?」とレンタカーとカーリースの違いについて質問されることがあります。

どちらもクルマを借りて使用するということは同じなのですが、内容がかなり違います。

 

管理人の田中家でもこのような会話がありました。

ほのか
子供が大きくなってくるとクルマが必要になることがあるのだけれど、今からどうするのか考えてみたいのですけど、何かいい考えある?
田中いろは
いろは
クルマを購入するには予算的にむつかしいよね、だったら必要な時にレンタカーを借りるのか、それともカーリースでクルマを借りる方法はどうでしょう。
ほのか
クルマを借りるのだったらリースにしなくてもレンタカーでいいのじゃないの?
レンタカーとカーリースの違いがはっきり分かっていないので教えて!

それではということで、レンタカーとカーリースの違いをまとめてみました。

 

調べていくうちに、レンタカーとカーリースはクルマの使い方で選ぶのが一番いいことがわかりました。

クルマを短期で利用したいのか、それとも長期で自分専用のものとして利用したいのかの選択に重点を置けば、レンタルがいいのかリースがいいのか比較することができます。

クルマをどうやって使っていくのか? ということを思いながらご覧いただくとよりわかりやすいと思います。

注意!
このページでのレンタカーのサービス内容は、大手レンタカー会社を基本にしています。
レンタカー会社でも、独自のサービスを実施しているところもあるので、すべてのレンタカー会社が同じサービスでないことをご理解ください。

レンタカーとカーリースでの借りる期間が違う

レンタカーとカーリースでは、借りる期間に違いがあります。

レンタカーだと

暦日制と時間制の2種類があります。

暦日制とは

暦日制とは、店舗の営業開始から終了までを1暦日として1日分とされる、営業時間内に借りて営業が終了するまでに返却すれば1日分となるが、翌日返却となると2日分の利用料が請求されます。

返却の時間がはっきり決まっていない場合は、営業時間終了までに返却が完了すればよく、時間に焦る必要はありません。

時間制とは

時間制の場合は、借りた時間から返却する時間までが計算され、たとえ日をまたいだとしても、借りてから24時間以内だと時間内の料金で済みます。

 暦日制と時間制の良さを兼ね合わされた、「1日○○円 追加料金は6時間ごとに○○円」という設定がされていることもあるので利用する時間と、返却予定に余裕をもって計画を立てれば、無駄のないレンタカーの利用ができます。

カーリースだと

時間単位で借りることはできません、最低1年単位の契約になっているところがほとんどです。

中古車リースを実施している店舗では、年単位でなく月単位のリース期間を設定している店舗もあります。

月の単位でカーリースを考えているのなら、中古車リースであれば選ぶことができます。

新車のリース期間は1年から11年の期間で設定されています。

11年などの長期でカーリースを利用するメリットは、月額の費用を低く抑えられることです。

あなたがクルマを利用するのは、時間単位や日の単位なのかそれとも年単位で利用するのかで、レンタカーとカーリースのどちらを選択するのかが違ってきます。

レンタカーとカーリースでの借りる前の準備の違い

短い時間クルマを借りるレンタカーと、長期にクルマを借りるカーリースでは、借りる前にしなければならないことにも違いがあります。

レンタカーだと

利用したい日を決めて利用したい車種を決め、WEBで予約を入れるか店頭に電話予約を入れて当日に免許証を提示し、クルマを借ります。

注意!:免許証を忘れるとクルマを借りることができないので忘れないようにしましょう

ポイントは、借りるクルマは新車ではないこと、それと借りたい日と時間に希望する車種があるとは限らない。

観光シーズンや、大型連休などは予約が早く埋まってしまうので、予定を早く建てることが必要です。

すぐにクルマが必要になったとしても、営業所に出向き空いているクルマがあれば借りることができますが、無い場合は借りることができないので、すぐというリアルタイムには対応できないところがあります。

カーリースだと

新車のカーリースだと借りるのに条件があります。

それは、リース会社の審査に通過することが必要です。

年齢制限とか収入の制限とか現在の状況で判断されます。そのために希望しても審査が通らなくカーリースを利用することができない人がいます。

新車のカーリースなら、契約してからディーラーにクルマの発注をするので、数週間から数か月かかることがあります。

すぐにクルマが必要な時には、新車に乗ることは無理です。

とにかく新車を借りたい!

クルマに乗るのなら、新車に乗りたい

カーリースの場合

カーリースの場合は「新車カーリース」ならばすべて新車のクルマになります。

そのクルマの一番最初のオーナーがあなたになるのです。

車種とグレードを希望するものにすることもできるし、メーカーオプションやディーラーオプションをつけることも可能です。

レンタカーの場合

レンタカーの場合は、レンタカー会社に置いてあるクルマを借りるので、希望する車種やグレードのクルマがある場合はいいのですが、無い場合は借りることができません。

レンタカー会社の在庫にあるクルマを借りることが基本になります。

なので、レンタカーに新車を希望してもかなうことはほとんどないでしょう。


とにかく新車に乗りたいのあれば、新車のカーリース一択でしょう。

今日、今から使いたい!

急ぐレジャーや出張のときにクルマを使うような日時の予定がわかっている場合には、予約をしてレンタカーを使うこともできます。

しかし「今日使いたい」・「今から買い物に出かけたい」・「今日天気がいいからドライブに出かけたい」などと思ってもレンタカー会社に連絡して在庫の確認をして、営業所まで借りに出向くことが必要になります。

在庫がない、気に入った車種がないなどで「今日したい」ことが中断されるのは残念です。

その点カーリースでは、リース期間中のクルマはあなた専用に使用することができるので、マイカーと同じように使用することができます。

あなた専用のクルマがあなたの手元にあり、すぐに利用することができるのがカーリースの便利なところです。

クルマを返す時の注意

レンタカーは、借りたところに返すのか指定されたところに返す必要があります。

普段自家用車を持っていて、違う車が必要になったためにレンタカー会社まで出向き使用が済めば返却して、自家用車で家まで帰ることができる人はいいのですが、レンタカー会社までのアクセスをどうすればいいのでしょうか? 交通の不便なところだとレンタカー会社までの往復が大変です。

そんな時には自分専用のクルマがあるカーリースに軍配が上がります。

返却に行く必要が無いので便利です。

契約期間中は自分専用のクルマですが、契約が終了したときには注意が必要です。

クルマの返却は、業者が引き取りに来てくれるので便利なのですがその後に査定をして傷や汚れさらに走行距離などのチェックが行われます。

チェックがおこなわれて費用のかかる修理箇所などが見つかった場合、修理の費用を請求されることがあります。

リース契約が終わって費用を請求されるのはイヤですよね、費用の請求をされなくするには、契約満了後にクルマのもらえるリースを選択すれば、費用の請求をされることはありません。

リース会社にはいろいろなオプションがあるので、クルマがもらえるオプションも合わせてチェックしてください。

>>クルマがもらえるカーリースはこんなにメリットがたくさんある!

関連記事

◆ カーリースとは ● 借りている期間は、決められた料金を月々支払います ● 契約期間が満了すれば、借りていたクルマを返却します ● クルマは、借り物で自分の所有物ではありません カーリースはクルマを借りるのはわかっています、初期費[…]

カーリースでクルマがもらえるの?

カーリースには車庫証明が必要!

クルマを借りることでは、レンタルもリースも同じですがレンタルはクルマを借りて料金を払えば終わりますがリースでは料金を払う以外の手間も一つ必要になります。

それは「車庫証明」が必要になることです。

カーリースは、使用者があなたになるので、車検証の使用者の欄にもあなたの名前が記載されます。

車検証そのため車庫証明をとる必要が出てきます。

自宅に駐車スペースがありそこで車庫証明が取れるのであればいいのですが、無ければ駐車場を借りてそこで車庫証明を取らなければいけないので車庫証明の手間が余分にかかります。

車庫証明を警察でとる費用はリース代に含まれていないので、自分でするか専門家に依頼しないといけないので手間と費用が必要になります。

カーリースの面倒な一つは、車庫証明が必要なことです。
(車庫証明が不要な地域の方は関係ありません)

車庫証明のことは、こちらに詳しく書いてありますので合わせてご覧ください。

関連記事

車庫証明について知りたい! 専門家に頼まないとダメなの? 取得費用は高いの? 初めてでも簡単に取れる? どのような書類が必要なの? こんにちは、カーリースの百科事典の管理人の田中いろはです。 新車を検討している友人の木下君か[…]

車庫証明は簡単に取れる

レンタカーのナンバーは「わ」 リース車は?

レンタカーナンバー

レンタカーのナンバーは「わ」ナンバーになります。

北海道や鹿児島などの離島では「れ」ナンバーが使用されますが、リース車のナンバープレートには「わ」・「れ」ナンバーは使用されません。

通常のナンバープレートが使用され、新車登録の時には希望ナンバーをとることもできます。

自宅に置いてあるクルマが借りているクルマか購入したクルマなのかナンバーで区別することはできません。

高級車をリースして、希望ナンバーをとることも可能です。

レンタカーとカーリースは使い分けをしよう!

レンタカーとカーリースの違いは、短期で借りるのはレンタカーを利用して、長期で借りるのはカーリースを利用するのが最適な車の利用方法です。

転勤など、数年にわたってクルマを使用する必要があるときにはカーリースが便利で、レンタカーを利用して便利なのは、観光旅行で行った先でクルマ移動をする場合とか、数日のドライブなどにはレンタカーを利用するのが便利でおトクです。

レンタカーの予約には、「たびらいレンタカー予約」で予約をして必要な時に必要な時間だけクルマを借りて、おトクなクルマの使い方をしましょう。


田中いろは
いろは
レンタカーとカーリースの違いを説明したけどわかったかな?
使い方の違いは、長期と短期の違いが大きいね。
ほのか
クルマをどうやって使うのかで決めればいいんですね。
いろはさんの通勤には軽自動車をカーリースして、ドライブには高級ミニバンをレンタルすればいいのですね。
田中いろは
いろは
高級なミニバンがいるのかどうかは置いといて、そのような使い分けをすればおトクにクルマを利用することができるね。

カーリースを利用するには、リース会社を知ってあなたのクルマの利用方法を考えてどのように使えば損をしないのかを知る必要があります。

損をしないためには、どのリース会社のサービスがあなたに合っているのかを探さないといけないのですが、こちらにリース会社をまとめて比較した記事を作っておいたので合わせてチェックしてみてください。

→こちらをチェック「カーリースを徹底比較!! あなたにおすすめのカーリースはこれで決まり!!

関連記事

クルマを買うときに迷うのは、どの車種にしようか? どのグレードにしようか? オプションは何をつけようか? いくらぐらいの予算が必要なのだろう? 支払いはどうしようか? と色々考えなければならない楽しい悩みがあります。 この比較記事を作[…]

レンタカーとカーリースの違い
最新情報をチェックしよう!