パーキング・メーター「59分までは無料?」で使えるのか

パーキングメーター

こんなうわさを知っていますか?

「パーキングメーターは59分以内ならタダで使える」

道路に設置してある「パーキング・メーター」は59分以内だと料金を入れずに利用しても駐車違反に問われないという噂です。

これって本当なのでしょうか? 駐車違反で取り締まられることはないのでしょうか?

今まで真面目に料金を支払っていた管理人ですが「タダで使える」に反応してしまい調べることにしました。

調べたことは

・パーキングメーターの使い方は?
・法律ではどうなっている?
・本当に59分間タダで使えるのか?
・知っておいた方がよい注意点は何?

このようなことを中心に調べました。

「59分以内だと無料で使える」のは正しくもあり、正しくもなし、が結論なのですがわかったことは「焦らず急がずキチンと利用しましょう」ってことです。

今後、パーキングメーターを利用するときの参考にしてください。

(記事内のパーキングメーター料金は地方都市にあったものです)

パーキングメーターの使い方

パーキングメーターコインパーキングの料金も安くなってきていますが、駅とか繁華街などではまだまだ料金が高いところもあります。

道路に設定されているパーキングメーターなら1時間以内の駐車は200円~300円ほどで停めることができ便利です。

しかし駐車できる数も少なく、スペースもあまり広くなく、縦列駐車が苦手な方なら停めにくいぐらい狭いところも多くあります。

 停めるときに白線からはみ出してしまうと、駐車違反の切符を切られることがあるので注意が必要です

小銭がない!

運よく駐車スペースを見つけてクルマを停めようとしたところ、小銭がないことに気が付いた、その時あなたならどうします?

 

質問です

1、両替をしてからもう一度来てみる
2、停めてから両替できるところを探す

「1」と回答したあなた

せっかく見つけた駐車スペースなのに、一度その場を離れて両替してから戻ってきても誰かに停められていた、なんてことになるかもしれません。

おすすめは「2」です。

停めてから両替できるところを探しても大丈夫です。その理由は

パーキングメーターを動かさないと違反?

使用方法

法律をみてみると

道路交通法 第四十九条の三
車両の運転者は、時間制限駐車区間において車両を駐車したときは、政令で定めるところにより、第四十九条第一項のパーキング・メーターを直ちに作動させ、又は同項のパーキング・チケット発給設備によりパーキング・チケットの発給を直ちに受けて、これを当該車両が駐車している間(当該パーキング・チケットの発給を受けた時から道路標識等により表示されている時間を経過する時までの間に限る。)、当該車両の前面の見やすい箇所に掲示しなければならない。

「パーキングメーターを直ちに作動させ」とあるのですが「いつ?」の期限がありません。

10分ならいいのか15分だったらダメなのかはっきりしたことが書かれていないので、どのくらいなら違反になるのかわかりません。

運悪く交通巡視員に見つかって切符切られたら残念でした、運が悪かったのであきらめてください、なんて法律はありませんよね。

明確にどこまでが良くてどこからが悪いのかが示されていないのが現状です。

どうして59分までが無料なの?

道路交通法で「59分までが無料で利用できる」と定められているわけではなくて「直ちに作動」の部分が明確になっていないため、59分以内だと取り締まりをすることがむつかしいのです。

なので、「59分以内なら無料で利用することができる」という解釈ではなくて、

「停めたらすぐに利用料を支払ってね、でも小銭がないときには両替に行くぐらいの時間は待っているけど59分以内なら両替して帰ってくることが可能でしょ!」

ということが「59分までなら無料で使える」という噂になっているわけです。

だとしたら、59分以内だと利用料を支払わずにいても駐車違反で違反切符を切られることは無いのかというとそうでもありません。

59分以内でもダメな時はどんなとき?

未納

何度も言いますが、「手元に硬貨がなく仕方なく両替しに行きすぐに料金を払おうと思っていた」ことが重要なのです。

「59分までなら無料で使えて違反切符も切られることないのだな、ズルしちゃえ」と思っていただいたのならそれは違います。

ズルしようと思うのはダメです。

もし、不幸にも違反切符を切られたときは

両替をしにクルマを離れて59分以内にクルマに戻ってみると、駐車違反のステッカーが貼られていたという不幸な話も聞きます。

この多くは交通巡視員の知識がなく料金未納のために駐車違反切符を切ることがあるようです。

多くは、違反切符を切られることは無いはずですが運悪く違反切符を切られたときの対処法は

対処法
◎証拠を残す
◎両替えをしにクルマを離れた(料金を払う気持ちはあった)

この二つが重要です。

料金未納のランプがついていて未納時間が映っている写真を残しておくのと、大事なことですが、「両替ができるところを探してクルマを離れていた」ことを警察署に駐車違反で切符を切られるのはおかしいのではないかということをいいましょう。

参考にさせていただいたのはジャンクハンター吉田氏のこの記事です。

こちらも一度ご覧になっていただくと参考になります。

WEB CARTOP

パーキングメーターのある場所に駐車した際、59分までは料金を納めなくても駐車違反にならないが、料金を納めていても60分を…

パーキングメーターで違反切符を切られないために

便利なパーキングメーターの利用ですが、知らないで利用していると違反切符を切られることがあるので注意しましょう。

白の枠線からはみ出している

これは前にも書きましたが、少しのはみだしでも切符を切られる恐れがありますので停めるときはきっちりと停めておきましょう。

指定時間を守る

パーキング時間

利用料を払っても60分停められないときがあります。

パーキングメーターが利用できるのは、指定されている時間内のみです。

この画像では朝の7時から21時までが利用可能になっていますが、21時以降はどうなるかというと、後ろに見えている駐車禁止区域になります。

例えば20時30分に料金を投入しても21時までしか利用できないことになります、パーキングメーターの超過の赤ランプがたとえ点灯していなくても21時以降なら駐車違反になるということです。

パーキングメーターの設置されている場所が、夜間は駐車禁止区域から外れるのならずっと駐車していても大丈夫かというとそれも注意が必要です。

第十一条二

何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。

一 自動車が道路上の同一の場所に引き続き十二時間以上駐車することとなるような行為
二 自動車が夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)に道路上の同一の場所に引き続き八時間以上駐車することとなるような行為

出典: 自動車の保管場所の確保等に関する法律

車庫法では夜間8時間以上連続して駐車してはダメだよってことですね、これの違反は駐車違反になるので注意が必要です。

59分までなら無料で利用できるかをまとめると

59分までなら大丈夫と太鼓判を押すことはできませんが、ダメだともいえないというグレーゾーンだということです。

何分以内に料金を入れろというのだったら、その近くに両替できるところを設置していただければ59分問題も解決することでしょう。

安価で利用できるパーキングメーターは非常に便利ではありますが、うっかり違反して高い駐車料金を支払うことにならないよう注意しましょう。

 

短時間なら便利なパーキングメーターですがもっと長い時間駐車する必要があるなら長時間停められる駐車場を探さないといけません。

駐車場探してうろうろと時間ばかり経過するのは、イライラしたりして心にもよくありません。

そんなときにおすすめなのが、駐車場予約サイトで停められる場所を予約しておくことです。

クルマを停めておくところを先に確保しておけば、時間を気にする必要がありません。

 

よろしければこちらも一緒にご覧ください。

関連記事

駐車場を探してイラついた 駐車場の順番待ちで疲れた イベント終了の渋滞で帰れないことがあった 入庫を予定していたパーキングが満車で困った 領収書を紛失することがある クルマで出かけるのは楽しいです、家族や友達といろいろなところに出[…]

駐車場予約サイト
パーキングメーター
最新情報をチェックしよう!