N-VANのカスタムを楽しむには、もらえるリースが最適!!

N-VAN
車中泊をしてみたい
荷物を楽にのせたい
趣味の自転車をのせたい
カスタムを楽しみたい
予算はいくら必要?

遊びにも使えるセカンドカーを探していたときに、友人Tくんから「ホンダのN-VANはいいよ! 商用車だけど趣味にも使えて便利」とすすめられていろいろ教えてもらいました。

管理人も、仕事でアクティバンに少し乗ったことがあり、近くの移動なら荷室が広く使い勝手がいいのはわかっていたのですがデメリットは乗り心地が悪いのとエンジンパワーがないので仕事用のクルマという感じが強く、自分がプライベートに持つには商用車はどうだかなと思っていました。

あまり良いイメージがなかった商用車なので、自分で買うクルマの候補に商用車は入れていませんでした。

しかし、N-VANを手に入れたTくんにいろいろ教えてもらううちに、「これなら選択の中に入れてもいいかな?」と思い出しました。

このページでは、N-VANを手に入れたオーナーTくんの自慢ポイントと、ディーラーにて教えてもらったところ、それと一番気になる料金を頭金とボーナス払い無しで毎月均等の支払いなら予算どのくらいでオーナーになれるのかを調査しました。

このページでわかること
☆N-VANはどのくらい趣味で使えるのか
☆月額の予算はどのくらい必要なのか
☆もらえるリースならどこがおすすめか
リース料金はリース会社ごとに違うのでわかりやすいように比較表にしてみました。
料金を比較調査したところ最安値はSOMPOで乗―るです。
安くN-VANを手に入れたいのは当然なのですが、もらえるリースにすればリース終了後にクルマを返却する必要が無いので、合法的な改造やカスタムは自由におこなえる楽しみがあります。
楽しみが詰まったN-VANについて詳しく解説しますので検討の材料にしてください。

N-VANの魅力ポイント5選

魅力がたくさんのN-VANの中でも特筆すべきポイントを5つ解説します。

助手席側のセンターピラーがない!

 

ピラーレス850

普通車にはピラーレスの軽自動車があるのですが、商用車でピラーレスなのは他社にない特徴です。

商用車は荷物を載せる用途が多く、車体剛性が落ち積載量が落ちると商用車としてはデメリットになるのでピラーレスを採用しにくかったのですがN-VANは最大積載量として350kgを確保しています。

仕事なら重量物を運ぶことがあるかもしれませんが、プライベートならそれだけの重量を運ぶことができれば十分です。

ドアが大きく開く

運転席のドアと助手席のドアはほとんど90度に開きます。

カタログを見ても90度に開くという表記は無かったので、ほとんど90度と書きましたその時に角度を測るものを持っていなかったので、「ほとんど90度」開いているのだと思います。

荷物の出し入れで、もう少しドアが開くと便利だなと思うことが多々あったので、N-VANのドアの開き具合は使い勝手が良いでしょう。

シートがフルフラットになる

シートがフルフラット

荷室だけでなく、助手席も含めてフルフラットになります。

N-VANはエンジンが前についているので、その分荷室が狭くなるのですが助手席がフルフラットになり一番長いものだと2.5mの長尺物が積載できます。

後ろの荷室がフルフラットになるのは、ほかにもあるのですが荷室の長さが2m弱の長さしかなく長いものを積むときには斜めにして積むしか方法がありません。

なので、長尺物を余裕で積むことをできるのはうれしいです。

自転車は乗るの?

N-VANに自転車を載せたら

出典:N-VANカタログから

Tくんに「自転車を試しに載せてみてもいいですか」とお願いしようと思ったのですが、新車で来たばかりでお願いする勇気がなかったので、ディーラーのカタログの中に自転車が載ったものがあったので引用させていただきます。

自転車のJIS規格では、フロントのタイヤの先端から最も後ろ側が1,900mm以下になるように規格が決まっているので2.5m長尺物が積めるN-VANは助手席を倒せば乗るのですが、固定はどうするかという問題が出てきます。

オプションのラゲッジアシストポール41,800円を使って固定すればいいのですが、自転車ばかりのせるわけではないのでこのオプションは保留にします。

タイダウンフック固定させるのに使うのは荷室の床面フロアについている4個のタイダウンフックを利用するのと、荷室の壁にM6のねじ穴が開いていてフックをひっかけるようなアレンジができるのでこれを利用して固定することができそうです。

タイダウンベルトでフックにひっかけて自転車後部を固定すれば、ぐらつくこともないでしょう。

自転車を載せて移動できれば、いつも見ている景色だけでなく違う土地の違う風景を自転車に乗りながら楽しくみることができます。

これで運動不足が解消できる・・・・でしょう。

車中泊では

自転車を載せるだけでなく、シートをフルフラットにして車中泊をすれば快適なくつろぎ空間が生まれます。

車中泊が趣味で、車内の快適空間を目指しますというのならばN-VANのオプションを使っていろいろ工夫すればいいのですが、予算をかけずに一人でふらっと出かけたいときには、2.5mの快適空間を追加費用なしで作れるのは魅力的です。

運転席のシートが1ランク上のシート

N-VANフロントシート

 

商用車のシートは豪華なものはなく、最低限の価格を抑えたもので決して座り心地を望むものではありませんが、N-VANのシートは厚みがありホールドもしっかりしていて乗用タイプのN-BOXと同じ仕様のシートが使われているそうです。

 

N-VANリアシート運転席のシートは満足できるものが使われているのですが、助手席のシートはついでにつけたようなチープなシートになっています、折りたたんでフラットにするためには助手席のシートが犠牲になるのは仕方がないことかもしれませんが、もう少し何とかならなかったのかが残念です。

長距離を、この助手席に座って過ごしたいとは全く思わないシートです。

助手席がこんなシートですから2列目のシートも観光バスの補助椅子のようなペラペラなシートになっています。

このシートもあくまでも補助のために使用すると割り切った方がいいですね。

運転席のシートが良いものを使用しているので、運転席以外のシートが残念ですが運転手一人で荷物を載せて移動するには、最適な環境だと思います。

リアシートの足元も余裕!

リアシートシートの作りは薄いのですが、足元に余裕があるのはうれしいところです。

大人が後部座席に乗っても少し余裕があり、天井にも余裕があるので窮屈な感じは受けませんでした。

とはいえ、長距離での利用はつらくなるでしょうね。

N-VANを楽しむ予算はいくら必要?

N-VANを検討しているとき気になるのは予算の額だと思います。
「支払いは一括だぜ!」と分割が嫌いな方もいると思いますが、そのような方はこの辺りでページをそっと閉じていただいて結構ですが、「現金はあるけど残しておきたいな」「金利も安くなっているので分割もいいかな?」と考えていらっしゃる倹約家の方や「クルマにかかる経費は予算計上が必須!」と思ってみえるなら、予算外の出費のないシステムのカーリースは面倒がなくて良いと思います。
カーリースの予算について調べたのは
1 最安値はどこ?
2 何年契約がオトク?
3 もらえるリースってあるの?
N-VANを取り扱っている大手リース会社は「SOMPOで乗―る」・「コスモMyカーリース」・「ニコノリ」・「もろコミ」の4社が取り扱っています。
グレードを同じにしないと比較にならないので
グレード:G SENSING 2WD
メーカー希望価格:1,276,000円
これをベースに調査しました。
各社の金額を見てみましょう

SOMPOで乗―るの場合

SOMPOで乗―るは最短3年から9年の契約ができ、月間走行距離も1000kmから3000kmまで選択することができるので、利用方法で変更ができます。

料金を見てみましょう。

1000km 1500km 2000km 3000km
3年 29,590円/月 30,800円/月 31,680円/月 33,000円/月
5年 22,770円/月 23,540円/月 24,090円/月 25,960円/月
7年 19,580円/月 20,130円/月 21,230円/月 22,330円/月
9年 17,290円/月 18,150円/月 18,260円/月 18,260円/月

一番安いのは、9年契約の月間走行距離1000kmになるのですが走行距離が少なく返却の際に過走行になるのを防ぐために、月間走行距離3000kmをおすすめします。

2000kmも同じ金額なので、3000kmにしておけば走行距離を気にすることなく利用できます。

 

3000kmで9年だと、返却のトータル走行距離は324,000km以内になります。


月額費用の中に、オイル交換とオイルエレメント交換の費用は含まれます。
契約のときに、メンテナンスプランの「いつでも乗―る」か「たまーに乗―る」のどちらかを選択することになります。

※この料金は「いつでも乗―る」プランの料金になっています。


コスモマイカーリースの場合

コスモマイカーリースの場合は、2年ごとの契約になっています。

500km 1000km 1500km
2年 43,890円/月 44,880円/月 46,310円/月
4年 26,290円/月 27,500円/月 28,160円/月
6年 20,790円/月 21,560円/月 22,000円/月

N-VANは商用車登録なので、2年ごとの車検になります。

最も安いのは、6年契約の月間走行距離500kmなのですが500kmだと走行距離を気にして維持しなくてはいけないので、おすすめはできません。1000kmか1500kmをおすすめします。

コスモマイカーリースには3種類のメンテナンスパックがあります。


注意が必要なのは、月額料金が一番安くなるホワイトパックには車検のときに必要になる重量税と自賠責保険料が含まれていないので別途準備する必要があり、車検を受けるときに、重量税と自賠責保険料を用意しなくてはいけないことです。
◆コスモMyカーリース
4

コスモのMyカーリースで
一生新車に乗ろう!
免許を取ったらMyカーリース!
社会に出たらMyカーリース!
結婚したらMyカーリース!

クルマも、予算もあなた好みに!
メンテナンスも全部おまかせ!
ガソリン割引などおトクがいっぱい!

定額ニコノリパックの場合

 

月額料金24,090円(込) 60回


契約期間中のオイル交換の費用は、基本料金に含まれているがエレメント交換は含まれていない。
オプションでメンテナンスが設定されていて、月額2,200円のライトプラント月額3,300円のバリュープランの2種類が選択できる。
◆定額ニコノリパック
3.5

カーリースでお安く乗るならオリジナルプラン、定額ニコノリパック!
定額カーリースなら毎月フラットな支払で家計管理もラクラク!!

頭金0円・車検・自動車税・メンテナンス費用などをパッケージにして、
ピカピカの新車を低料金システムでご提供。

比較するのにわかりやすく表にしました

リース会社 4年 5年 6年 9年
SOMPOで乗―る 21,450円/月 18,040円/月
コスモMyカーリース 28,270円/月 22,000円/月
ニコノリ 24,090円/月 19,360円/月
SOMPOで乗―るが安いのがわかります、9年の契約では満了後にクルマをもらうことができるので購入した自分のクルマと同じように利用できるのがメリットです。

N-VANのおすすめポイントをまとめると

ホンダのN-VANは、商用車なのですが仕事だけでなくプライベートの一人で移動することや趣味に十分使えるクルマです。
一人で移動するには問題なく、荷物も積めるので大きな買い物とかのときも便利ですし、自転車も楽に積めるので、趣味の行動範囲が広がりそうです。
価格もSOMPOで乗―るなら5年60回均等払い月額21,230円・9年108回なら月額18,040円とメンテナンス代の予算を立てておけば十分維持できます。(メンテナンスが入ったプランを選択することもできます)
オトク情報
もらえるリースなら走行距離は関係なし!
月間走行距離1,000kmで契約しても、108か月後には走行距離の調査無いので距離を気にする必要なし!
それなら月間走行距離1,000kmの契約のほうが安くなります。
**SOMPOで乗―るでN-VANのリース料金を確認**

契約書にハンコを押す前ならキャンセルもOK!
楽しそうなN-VANが気になったのでしたら、まずリース会社に見積依頼をしましょう、それから車体の色を決めて次はオプションを決めましょう、クルマは納得するまで発注しなくて大丈夫です納得してから発注書を作成することにしましょう。
リース会社の担当者の方に話を聞いたのですが「一度で決める必要はありませんよ」「ほとんどの方が見積を取り直されてます」とおっしゃってましたしこうも言っていました、「安い買い物ではないので、十分納得してから購入を決めてください」納得がいくまで見積の変更は大丈夫なのでまずは見積依頼から。
N-VAN
最新情報をチェックしよう!