最低価格保証のクルカの5つのデメリットについて調査!

クルカの5つのデメリット

カーリースを検討する重要ポイントの一つに「1か月の支払い費用を安くおさえたい」と思うのは当然です。

クルマの性能はどの店舗で購入しても同じですから、いろいろと安く買えるところを探して、検討して、比較して最後に納得してから愛車の契約をしますよね。

そこで、カーリースのコンサルもしている自称カーリースプランナーの管理人が、厳選したリース会社の中で最も安いリース会社を紹介します。

調査したリース会社の中でもっとも安かったのは「クルカ」が最安値でした。

「クルカ」のモットーは

当社の日本全国・世界中のネットワークとノウハウにより「最低価格保証」を実現!
頭金・ボーナス払い0円、税金・諸費用もコミコミ、月々定額料金で安心してご利用いただけます。しかも、3年以内の短期リースなので、車検も不要で故障などの心配もありません!万が一当社より安いサービスがあった場合は是非ご相談ください!

出展:https://newcar.shop/

最低価格を保証してくれるなんて嬉しいですね、さらにクルカより安いところがあれば相談してくださいということは、”価格対応”してくれるということです。

あえて、クルカの安心ポイントが3つをあげると。

1、最低価格保証で安心
2、短期リースで安心
3、毎月定額で安心

どこよりも安い金額で、毎月定額のリース料金を実現してくれるクルカなのですが、良いことばかりなの?と疑り深い管理人はあえてデメリットを探してみました。

この記事では「クルカのここがダメだから検討するのはやめましょう!」 ではなく、5つのデメリット知り納得してから契約すれば「後悔することはありませんよ」ということです。

自称カーリースプランナーの管理者が調査したポイントは5つです。

 調査した内容

メンテナンスについて
リース契約満了後について
選べる車種
免責はいくら?
過走行損害金について

このデメリットだと思われるポイントを知ったうえでクルカを選択すると失敗はなくなりますので、ぜひご覧いただきクルカを検討してください。

ポイント1 メンテナンスはリース料金に含まれない!

メンテナンスは自分でおこなう

クルカのメンテナンスにかかる料金は、月額のリース料金に含まれていませんしメンテナンス料金をリース料金に含むオプションの取り扱いも無いので、メンテナンスにかかる費用は別途用意する必要があります。

月々のリース料金の中にメンテナンス費用が含まれていないということは、メンテナンスのタイミングごとに費用が必要になり別予算として残しておかないといけないので面倒です。

ですが、自分の好きなメンテナンスできる場所(整備工場)やオイルの銘柄などお気に入りのものをチョイスすることができるのはクルマ好きでこだわりがある人にはメリットです。

注意しておかないといけないことは、メンテナンスを定期定期に実施して点検整備記録簿に記入する必要があるということです。

メンテナンスノートの点検整備記録簿には、法定点検でだれがどのような整備を行ったか記録するもので、リース契約満了後にクルマを返却するとき、点検整備簿に記述がなくクルマに不具合が見つかった場合、修理代を請求されることがあります。

請求されないためにも、キチンとプロにまかせる必要があります。

クルカ整備不良の場合

出展:https://newcar.shop/faq/

メンテナンスなど、すべてお任せしたいと思っているのであればメンテナンスパックのオプションが無いことが残念なポイントです。

ポイント2 リース契約終了で必ず返却

クルカの月額リース料金の安い理由は、残価設定の金額が高いのが理由です。

クルカdが安い理由出展: https://newcar.shop/about-kuruca/

リース終了時の車両予定価格を高く設定しているため、リース金額が安くなります

最初の契約時点で残価が高く設定されて、リース契約終了後に再リースや買取を希望すると請求額が多くなるので注意が必要です。

クルカで、再リースや買取などの選択ができなくなっている理由は、残価を高く設定しているので中古車市場の価格と比べると、リース満了後の買取価格が高い金額になってしまいます。

そのため、クルカでは再リースや買取などの選択ができなくなっています。

リースしている車種が気に入ったのであれば、同じ車種で契約をやり直して新車に乗り続けるのが良い方法だと思います。

ポイント3 取り扱いの車種が少ない

取り扱いの車種が少ない

残念ながら、クルカが取り扱っている車種は多くありません、それには理由があります。

取り扱いの車種が少ない理由としては、リース終了後に高値で中古車としての価値が出るクルマを取り扱っているからです。

新車でも人気で、中古車市場で人気のあるクルマは、すぐに買い手が見つかり高値で取引されるのでクルカの取り扱い車種は人気車種に限られます。

人気ある車種を中心に取り扱っているので、取扱車種が少なくなってしまうのがデメリットです。

しかし、希望するクルマが人気の車種なら安くクルマを利用できるのはメリットですし、反対にクルカの取り扱いの車種の中からクルマを選択するのも安く利用するかしこい選択方法だと思います。

ポイント4 免責の額が5万円だけ!

免責の額が5万円

リース満了してクルマを返却する際には、免責が5万円あります。

免責とは、「責任を追わずに許すこと」で、クルカの場合5万円分の免責を受けることができます。

カーリースは、リース契約が満了してクルマを返却する時には原状復帰する必要がありその際にかかる費用は使用者であったあなたが負担しなくてはならないのが、原状復帰費用です。

原状復帰とは、クルマの外装や内装の汚れや傷などを原状に戻すことをいい、通常に使用して付く小さな傷や汚れは問わないのですが、ドアについた小さな凹みなどは修理対象になりかかった費用を請求されます。

しかし、免責の額が5万円あるということは「5万円までの修理費用が発生しても、あなたに請求しません。」ということです。

 なぜ「免責の額が5万円だけ!」と表記したか

ほかのリース会社では、免責額が10万円から20万円のリース会社もあるので、5万円は少ないように思ったからです。

しかし、免責額が全くゼロで返却の際に高い修理代を請求されるリース会社もあるので5万円分の免責額は親切な設定です。

カーリースで失敗した人の中には、扱いが雑で車体にキズをつけてそのまま返却して、高額な修理代を請求された人が「カーリースは返却の際に高額な請求される」といっていることが見受けられるのがカーリース失敗事例です。

免責設定があるリース会社を選択しておけば、安心できる一つになります。

ポイント5 過走行損害金が1kmにつき10円請求される

契約が満了してクルマを返却する時に契約した距離数より超過した場合は、過走行損害金として1kmにつき10円の費用が請求されます。

なぜ契約した距離数より多く走行すると料金を請求されるのかというと、クルマの価値を決める要素の中に、走行距離があり走行距離が多いクルマの価値は通常より下がるからです。

過走行損害金は、下がった価値を穴埋めするために請求される金額です。

クルカの場合、残価設定が高く設定されているので価値が下がった場合には、損害金として1Kmにつき10円が請求されます。

注意しなければならないのは、契約の時に走行距離を必ず確認することです。

クルマの利用方法で、毎日通勤で利用するのか休日にドライブするために必要なのかで、1か月の走行距離を把握します。

クルカの場合車種によって、月間走行距離1,000Kmの車種や2,000Kmの車種があるので、どのくらい走行するのかどのようにクルマを使うのかを知っておく必要があります。

たとえば:
毎日通勤で利用する:通勤距離片道20km 往復40km 月の稼働日数20日なら
40km×20日=800km となり、1か月1,000kmの契約なら休日に200km利用することができます
休日にもっとドライブを楽しむ予定があるのなら、1,000km/月以上で契約することをおすすめします。

とはいえ、毎月走行距離の報告をするわけでなくリース契約満了の際に距離数のチェックをするので返却時期が迫ってきたときに調整をすれば大丈夫です。

契約の距離数を無視して、返却の際に10,000Kmも契約距離より多く走行すると10万円の請求がくることになってしまうのですが、免責の5万円が利用できるので実質負担は、5万円請求されるということなので注意が必要です。

カーリースのデメリットは、返却の際の走行距離を注意することですが距離数を気にするとカーライフが満足できない方には、契約期間が満了するとそのまま使用していたクルマがもらえるリースや月額金額にプラスすれば、クルマがもらえるオプションがあるリース会社を選ぶことができます。

距離を気にしながらクルマを維持するのはイヤだとおもわれるかたには、リース契約が満了すればクルマがもらえる「オリックスカーリース」をおすすめします。

詳しくはこちらを参考にしてください。「オリックスカーリースはクルマがもらえるカーリース、追加料金なしでクルマを自分のものにできる!

少しだけのオプション料金(月額500円)を追加すれば契約終了後に使っていたクルマをそのままもらうことのできる「カルモ」をおすすめします。

詳しくはこちらを参考にしてください。「定額カルモくんのクルマがもらえる乗り放題オプションを解説! 乗り放題にすると何がおトクなの

クルカをおすすめする人とおすすめできない人

クルカのデメリットをまとめてみましたが、短期契約のクルカの利用をおすすめしない人は、

▲運転に自信がなくいつも傷をつけてしまう
▲趣味:ドライブ(長距離大好き)
▲趣味:クルマの改造
▲メンテナンスはわからないのでおまかせしたい

これらの人にはクルカをおすすめしません。

しかし、こんな人はクルカをおすすめします。

◎とにかく新車に乗りたい
◎車検を受けてまで同じクルマに乗ったことがない
◎メンテナンスは自分の好きな時に好きなところで受けたい
◎クルマの走行管理はキチンとできる
◎乗りたい車がクルカのラインナップにある

このような人にはクルカの利用を強くおすすめします。

あなたは、おすすめできる人ですか? おすすめできない人でしょうか? カーリースを利用して損をすることがあってはいけません。

カーリースプランナーの管理人がクルカのデメリットをまとめてみて、他社と比べて「ここはダメだ」と思うようなところは見あたりませんでした、あくまでも比較して少し劣っている点をあげたにすぎません。

月額費用が安く設定されていて、デメリットも他社と比べて劣ったところはありませんでした。

トータルで考えると、クルカはおすすめできるリース会社です。

とはいうものの、もっとクルカのことについて知りたいと思うのでしたらこちらにメリットを調査したページもありますのでそちらも一緒にご覧になってください。

関連記事

 安いリース会社教えて  短期でクルマが必要なのだけれど、レンタカーを借りた方がいいのかな?  新型車に興味あるのだけど1年ぐらいお試しで乗れないかな?  リースは契約期間が短いと料金が高くならないの?  短期ならレンタルの方が安い[…]

クルカトップページ画像
クルカの5つのデメリット
最新情報をチェックしよう!