カーリースのメンテナンス内容を徹底比較!

メンテナンスの違い

カーリースで知っておきたいことの一つに「リース会社ごとにメンテナンスサービスの違いがある」ことです。

サービスの違いを知らずに、価格が安いだけでリース会社を決めてしまうと、失敗してしまうことがあります。

絶対知っておかないといけないことは

知っておきたいこと

1 月額費用の中にどれだけのメンテナンスが含まれているのか?
2 メンテナンスがオプションになっているのか?
3 オプションになっているのなら月額費用はいくら必要なのか?
4 メンテナンスの内容にオイル交換は含まれるのか? オイルエレメントは含まれるのか?

などの内容を知っておかないといけません。

メンテナンスの違いを知らずに安さだけでリース会社を決めてしまうと後悔することがあるからです。

 

カーリースで失敗しないためには、リース会社のメンテナンスの違いを知らないとダメです

そこで、自称カーリースプランナーの管理人が代表的なリース会社5社のメンテナンスの違いを一覧にしてみます。

クルマを維持するためにはメンテナンスが重要になります、リース会社を決めるのは料金だけでなくメンテナンスの内容を吟味して決めてください。

このページで、あなたに合ったリース会社のメンテナンスが見つかります、各社のメンテナンスの違いをご覧ください。

コスモ石油 コスモマイカーリースのメンテナンスを解説

コスモスマートビークル

コスモ石油のカーリース「コスモマイカーリース」はガソリンスタンドで新車が買えることです。

カーディーラーに出向いてもいいのですが、店舗に入った瞬間から営業マンから矢継ぎ早に質問攻撃を受け、回答をためらっているとおすすめを押し付けてくるなどが不快に思う人もいるでしょう。

カーディーラーに出向いても、気になるクルマが置いてないと結局カタログでの選択になります。

それなら、いつものガソリンスタンドでクルマが買えメンテナンスまでしてもらえるなら便利です。

また、メンテナンスの契約をすることによって、契約期間は燃料の値引きが受けることができるおトクもあります。

コスモマイカーリースのメンテナンスの種類はどんなのがあるの?

メンテナンスの種類は、ゴールドパック・シルバーパック・ホワイトパックの3種類があります。

ホワイトパクは、月額リース代の中に含まれていて追加料金は必要ありません。

ゴールドパック・シルバーパックは、月額料金にメンテナンスパックの料金をプラスして、ホワイトパックで不足している部分を補てんします。

スマートビークル メンテナンス

メンテナンスの種類で注意すること

◎ホワイトパックのメンテナンス注意点は、メンテナンスが何もない点です。

車検時の重量税・自賠責保険も付属しておりませんので、オイル交換などメンテナンスは自分ですべてやる人には向いていますが、おまかせしたい人には不向きです。

◎シルバーパックのメンテナンスは、車検時の重量税・自賠責保険と整備と点検さらにオイル交換の費用が含まれます。

◎ゴールドパックのメンテナンスは、シルバーパックにプラスしてタイヤ・ブレーキパット・バッテリー・ワイパーゴムなどの交換費用が含まれます。

ゴールドパックの更なる特典は、車両の延長保証とロードサービスになります。

車両の延長保証は、ディーラー保障が切れても車両の保障が継続されます。

ロードサービスは、車両が動かなくなったときのレッカーサービスです。

さらに、メンテナンスパックに加入していると、月間100リッターまでですがガソリン代の値引きを受けることができます。

ゴールドパックでは、5円/L値引き シルバーパックでは、3円/L値引き ホワイトパックでも1円/L値引きを受けることができます。

注)値引きを受けるにはコスモ・ザ・カードでの給油に限ります。

コスモマイカーリースのメンテナンス料金

車種と契約年数で料金が違ってきます。

 例を出してみます
ホンダ N BOX グレードG 2WD A/T
月間走行距離 1500Km
契約期間 60ヶ月

以上の契約の場合

◎ゴールドパック契約 31,460円/月
◎シルバーパック契約 27,940円/月
◎ホワイトパック契約 25,080円/月

メンテナンス料金は、車種によって違うので見積を取って確認することが必要です。

コスモマイカーリースのメンテナンスできる場所

メンテナンスできる場所はコスモのサービスステーションと提携している自動車整備工場で受けることができるので、燃料を入れに行くついでにメンテナンスもでき大変便利です。

コスモマイカーリースその他注意点

メンテナンスを受けるタイミングは、6カ月に1度になります。

メンテナンス月にハガキで案内をしてもらえ、ハガキに記載してあるメンテナンス工場へ予約を取ってメンテナンスを実施します。

ハガキで連絡がくるので、忘れることも少なくなると思います。

オリックス 「いまのりシリーズ」のメンテナンスを解説

オリックス自動車のカーリース「いまのりシリーズ」は、5年契約の「いまのりくん 」7年契約の「いまのりセブン」9年契約の「いまのりナイン」の3種類があります。

いまのりシリーズ メンテナンスの種類

「いまのりシリーズ」には他社のようなメンテナンスで別途料金が必要なオプション設定がありません。

メンテナンスは基本料金に付属しているので、基本契約の中に料金が含まれています。

追加のオプション料金などの心配をすることがないのは、嬉しいです。

出典:https://www.carlease-online.jp/

いまのりシリーズのメンテナンスで注意すること

メンテナンス料金は別途必要ないのですが、基本的なメンテナンス項目は充実していて満足できる内容になっています。

メンテナンスの内容でオススメポイントは、エンジンオイルの交換は半年ごとでオイルエレメントの交換は1年ごとに実施することになっているところです。

多くのリース会社では、エンジンオイル交換は1年に1度でエレメントの交換も同時期に実施するところが多いのですが、いまのりシリーズではエンジンオイル交換の頻度が他社より多くなっていて、クルマに優しいシステムです。

いまのりシリーズでメンテナンスできる場所

いまのりシリーズのメンテナンスが受けられる場所は、オリックス自動車が指定する整備工場になります。

地域によって整備工場が違うので引っ越しなどで住所が変更の時には、住所変更届をしてください。

いまのりシリーズのメンテナンスの注意事項

メンテナンスはオリックス自動車から発行された「クーポン券」を整備工場に

提示しておこないます。

もし、クーポン券を紛失しても再発行されないので、その時のメンテナンス料金は自己負担になるので注意が必要です。

おトクにマイカー 定額カルモくんのメンテナンスを解説

おトクにマイカー 定額カルモくんのメンテナンスは3種類あり、必要に応じて選択ができます。

メンテナンス3種類の違いをみてみます。

メンテナンスの種類

メンテナンスの種類は、4種類!

●メンテナンスなしのホワイトプラン
●ライトメンテナンスのシルバーメンテプラン
●コミコミのゴールドメンテプラン
●あんしんのプラチナメンテプラン

この4種類があります。

クルマの整備が自分でできる人は、ホワイトプランを選択すればエンジンオイル交換やオイルエレメントの交換など自分でできるので作業手数料が節約できます。

4つのメンテナンスプラン出典:https://car-mo.jp/docs/maintenance/

メンテナンスの種類で注意すること

メンテナンスプランは、全てのクルマに適応していないので注意が必要です。

適応になるのは、軽自動車とコンパクトカーなどの車両ですが、メンテナンスプランに適応しているのかは問い合わせが必要です。

メンテナンスの料金

料金は、契約期間と車種によって違います。軽自動車とコンパクトカーなどの普通車で、料金に違いがあります。

期間は5年未満か5年以上の区分で、料金がわかれています。

料金体系はこのようになります。

カルモメンテ料金出典:https://car-mo.jp/docs/maintenance/

メンテナンスできる場所

メンテナンスのできる場所は、リース会社を選択するうえで重要です。

それは、メンテナンスにわざわざ遠いところに行く必要があるのは走行距離が伸びてもったいないからです。

月間使用の距離制限のあるカーリースなら、メンテナンスのために走行するのはもったいないです。

定額カルモくんなら、全国35,000か所以上でメンテナンスができます。

メンテナンスを受ける場所が多いので、クルマを使用したタイミングにメンテナンスできるのは無駄な走行をしなくていいのは便利です。

メンテナンスを受ける注意点

メンテナンスを受けることのできる場所が多い反面デメリットもあります。

メンテナンスのデメリットは、支払いを先にしておいてレシートや領収書などの写真を撮って定額カルモくんに請求をしなければいけないことです。

先に支払いをしてから後で口座に振り込んでもらうのですが、レシートなどをスマホで撮る手間がかかるので、手間がかかる部分はデメリットです。

請求後翌週には振り込みにはなるので遅くありません。

カードで支払った場合は、カードの引き落としになる前に振り込みがされるので、デメリットは少なくなります。

カーコンカーリース 「もろコミ」のメンテナンスを解説

もろコミTOP

カーコンビニ倶楽部のカーリースもろコミは「全てコミコミ」となっていますが注意が必要です。

メンテナンスの種類

メンテナンスのオプションがあるのは軽自動車だけになります。

軽自動車以外は、エンジンオイルの交換費用などメンテナンスは基本料金に含まれていないので実費でメンテナンスをおこなうことになります。

メンテナンスの別予算が必要になるので注意が必要です。

メンテナンスの料金

メンテナンスパックの料金は、月額2750円からになります。

クルマの種類によって金額に違いが出てくるので、見積を取るときに必ずメンテナンス料金を確認してください。

メンテナンスできる場所

メンテナンス実施できる場所は、もろコミが契約している整備工場・提携しているガソリンスタンドなどでおこないます。

メンテナンスの内容

オプションのメンテナンスを申し込むとチケットがもらえるので、チケットを使ってメンテナンスを受けることができます。

メンテナンスを受けられる回数は以下になります。

もろコミ9 もろコミ7
エンジンオイル交換 8回 6回
オイルエレメント交換 8回 6回
オートマチックオイル交換 2回 1回
ブレーキオイル交換 3回 2回
ブレーキオイル交換 3回 2回
ブレーキパット交換 1回 1回
Vベルト交換 1回 1回
LLC交換(ロングライフクーラント) 3回 2回
点火プラグ交換 1回 1回
ワイパーゴム交換 3回 2回
タイヤ4本セット 1回 1回
バッテリー交換 2回 1回

ニコニコマイカーリース 定額ニコノリパックのメンテナンスを解説

ニコノリパック

ニコニコマイカーリースの定額ニコノリパックは、ニコニコレンタカーを運営する会社がカーリースを扱っています。

メンテナンスの種類

メンテナンスの種類は、基本プランとライトプランとバリュープランの2種類があります。

メンテナンススケジュール基本プランの中には、エンジンオイル交換は入っていますが
オイルエレメントの交換が入っていないので注意が必要です。

↑クリックで大きな画像

メンテナンスの料金

ライトプランは月額2200円~

バリュープランは月額3300円より

メンテナンスできる場所

カーリースを契約した店舗での実施になります。

転居した場合は、ウォッシャー液・バッテリー液・クーラントの無料補充が受けられなくなるので注意が必要です。

その他の特典は、契約中に現金でのガソリン給油は無制限で1リッターにつき5円引きの特典が受けることができます。

メンテナンスはリース会社ごとに特色がある

リース会社ごとにメンテナンスの特色があり、メンテナンスの方法やメンテナンスを実施する場所などが違うことがわかっていただけたと思います。

メンテナンスを全てお任せにするのか? 自分でできるところは自分で実施して費用を抑えるのか? いろいろな選択ができます。

おすすめするのは

◆費用を抑えて自分で実施するなら⇨おトクにマイカー 定額カルモくんのホワイトプラン

◆メンテナンスなど、全てお任せしたいのなら⇨コスモMyカーリースのゴールドパック

をおすすめします。

 

カーリースをするうえでメンテナンスは大事です。

クルマを購入するのは決して安い買い物ではありません、自分の生活と使用目的にあったカーリースを選択することをおすすめします。

 

また、メンテナンスだけでなく他の部分でも比較してまとめておいたので、よろしければ合わせてチェックしてみてください。

こちらをチェック⇒カーリース会社を徹底比較!! あなたにおすすめのカーリースはこれで決まり!!

メンテナンスの違い
最新情報をチェックしよう!